2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ヘッドライン

 | HOME |  NEXT

--.--.-- (--)

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  | 

2009.11.07 (Sat)

カフェインの摂取は睡眠を妨げる 40歳以上で強く影響出るのでコーヒー減らそう はてなブックマーク - カフェインの摂取は睡眠を妨げる 40歳以上で強く影響出るのでコーヒー減らそう

1 : ノイズc(東京都):2009/11/07(土) 06:10:55.61 ID:6QFuYr/G ?PLT(12000)
カフェインの摂取は睡眠を妨げるという実験結果がカナダの研究者によって発表された。
実験は、モントリオール大学の心理学の教授で、サクレ・クール病院不眠センターの研究者である
Julie Carrier氏が実施。男女24名を20 - 30歳と45 - 50歳のグループに分け、研究所の一室で
2晩睡眠不足の状態にした後、さらに就寝の3時間前に、それぞれのグループの半数の被験者には
カフェインの錠剤200ミリグラム、もう一方には乳糖をベースに作られた偽薬を投与した。
その結果、どちらのグループでもカフェイン摂取した人のほうが、睡眠効率や睡眠時間、
徐波睡眠(SWS)、レム睡眠が低いことがわかった。さらに、この影響は年代が高いほどが高く、
45 - 50歳のグループではカフェインを摂取しない場合の50%以下に低下した。
実験を行ったCarrier氏は「カフェインと年齢により、覚醒時間の周期が乱れてしまう」と説明。
「エスプレッソを飲んだ後でもよく眠れるという人がいるが、それは実際には深い眠りではなく、
眠りの周期が乱されているということに気づいていないだけ。40歳以上の人で、
特に夜勤の人はコーヒーの摂取を控えるべきだ」と忠告している。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/06/046/?rt=na
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/06/046/images/001.jpg


スポンサーサイト

飲料  |  コメント(0)  | 

2009.11.07 (Sat)

餃子の王将って味も値段も大したことないのに何で繁盛してるの? はてなブックマーク - 餃子の王将って味も値段も大したことないのに何で繁盛してるの?

1 : ノイズs(コネチカット州):2009/11/05(木) 16:25:25.77 ID:mk6FF9M6 ?PLT(12000)
餃子の王将の好業績を支える"ご当地のチカラ"

「餃子の王将」がブームである。2008年後半頃より、"王将芸人"をはじめ深夜のテレビ番組等でたびたび
取り上げられ、今年に入ってからは経済系の情報バラエティ番組『カンブリア宮殿』でも特集された。
こうしたメディアへの露出効果もあいまって、10月19日付産経新聞によると、既存店売上高は2007年8月
から26ヵ月連続で前年実績を上回り、特に2009年2月以降は2ケタ成長を続けているという。

餃子の王将のビジネス手法を調べてみると、従来型のフランチャイズビジネスとは一線を画していることが
わかる。それは「あえてサービスを画一化させない」という点にあるようだ。

代表的なものとして「店舗独自メニュー」がある。これは、餃子等の全店共通の基本メニュー以外は、
それぞれの店舗の裁量でメニューを考えて調理してよいというルールだ。餃子の王将は、本部が調理を一手に
引き受けるセントラルキッチンシステムを採用しているが、本部は主に、餃子の餡やラーメンの麺といった
食材の調達、配送を行い、実際の調理の大半は各店舗で行うことが徹底されている。店で調理を行うことで、
それぞれの地域や店舗にあった特徴を出そうという経営方針に基づくものである。

こうした、いわば店舗の独自性を重視する手法は、「どの店に行っても同じメニュー、サービスが受けられる」
ことが前提のフランチャイズビジネスとは対照的といえる。『カンブリア宮殿』にて、大東社長は「店の個性がすべて」
と語ったと伝えられるが、上述の好業績を見る限り、地域性や店舗の個性にこだわる餃子の王将の姿勢が顧客に愛され、
支持されているのは事実である。

ともすれば低価格ばかりが評価されがちなこの不況下、全国500店舗を超える餃子の王将の"ご当地のチカラ"から今後も目が離せない。

http://news.livedoor.com/article/detail/4433514/

外食  |  コメント(0)  | 

2009.11.06 (Fri)

お昼は、学生食堂へ行こうぜ! はてなブックマーク - お昼は、学生食堂へ行こうぜ!

1 : モズク:2009/11/06(金) 12:56:50.38 ID:dAG2M6YA ?PLT(12067)

<学食>様変わり、フレンチからすしまで 受験生の呼び水に

 オープンカフェでイタリアン、職人が新鮮なネタを握る回転ずし――。大学の食堂、学食
が様変わりしている。味もなかなかとか。おすすめは? 【岡礼子、根本太一】

 1300席の空間を学生が埋める。東洋大白山キャンパス(東京都文京区)の学食は、専門
店6店が軒を連ねるフードコート形式。「ほぼ毎日ここに来て、空揚げか半熟オムライスを食
べる」と1年の男子学生3人。注文を受けてから焼くナン付きカレーとタンドリーチキンも評判だ。

 日本工業大(埼玉県宮代町)のイチオシは、その日の仕入れでメニューが替わる「みのり寿
司」。500円の「サンマのたたき丼」や650円の「ネギとろ・あぶりサーモン丼」が人気だ。「ウニ
・ネギトロ丼」は850~1000円と値が張るが、80~120グラムのウニがのる。店主の米山久
雄さん(50)は、近くのすし店で修業中に大学関係者から声をかけられ、92年の独立と同時に
出店した。

 フレンチレストランもある。東京大の「ルヴェソンヴェール」は04年に開店した。「コショウダイ
のポワレ、香味野菜」などの日替わりランチが800円。学生には高めだが、店側は「特に奮発し
たい時に来るようだ」。

 ■環境問題に取り組み

 内装も一変した。約2年前にリニューアルした学習院大は、セブン&アイ・フードシステムズに
運営を委託。女子大学食にはピアノもあり、学生によるランチコンサートも不定期で開かれる。

 一方、環境や社会問題に配慮する取り組みも。青山学院大は今年、野菜を多く使った週替わり
定食480円を頼むと、20円を途上国の子どもに寄付する「テーブルフォーツー」運動を始めた。
学生たちが学食の運営企業と交渉した成果。4年の沢木一真さん(22)は「授業で学生でもでき
る国際協力を学び、実行に移した」と話す。
(以下ソース)
http://www.excite.co.jp/News/society/20091106/20091106E40.047.html


外食  |  コメント(0)  | 

2009.11.05 (Thu)

つけ麺の魅力 はてなブックマーク - つけ麺の魅力

1 : ノイズe(dion軍):2009/11/03(火) 21:55:44.89 ID:JM4wVVtE ?PLT(12000)

道頓堀に「でびっと」-デビット伊東さん経営のラーメン店関西初出店

デビット伊東さんは埼玉県出身のタレント・俳優。コントグループ「B21スペシャル」で活動した後、
現在は俳優として映画・テレビドラマに出演を続けている。
「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日本テレビ)内の企画としてラーメンの修行をしたことがきっかけで、
現在はラーメン店「でびっと」を経営。東京、静岡、博多など全国で5店舗を展開しており、
「道頓堀グリコビル店」は6店舗目。関西では初出店となる。

 メーンメニューは、「醤油(しょうゆ)豚骨ラーメン」「塩ラーメン」「醤油ラーメン」(以上700円)、
「つけ麺」(750円)の4種類。ラーメンの替え玉は150円。
「出店地域の人の好みに合わせて、スープを考案している」といい、
「醤油豚骨ラーメン」も大阪の土地柄に合わせて濃い味に仕上げられている。
麺は細め、硬さは客の好みで選べる。

 興梠店長は「現在の一番人気は醤油豚骨ラーメン。つけ麺も人気」と話す。
「『スタッフに会いに来たくなる店』を目指している。気持ちのいい接客を行うよう心掛けていきたい」とも。
http://namba.keizai.biz/headline/1026/


外食  |  コメント(0)  | 

2009.11.05 (Thu)

本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは? はてなブックマーク - 本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?

1 : ノイズw(東京都):2009/11/03(火) 15:26:34.03 ID:RuwafGVG ?PLT(12240)

毎日フレンドのページ:大人の肴処 北海道市場/札幌エクセルホテル東急 /北海道

「毎日フレンド」の加盟施設を紹介する「毎日フレンドのページ」です。
今回は、札幌市から厳選食材と全国の銘酒を集めた「大人の肴処(さかなどころ) 北海道市場」、利便性の良さが受けている「札幌エクセルホテル東急」を紹介します。

◆大人の肴処 北海道市場

◇地産地消にこだわり究極素材、アート、空間のコラボ

北海道の究極食材、アートの新しいスタイルの居酒屋。11月から大人の肴処へとリニューアルした。

食材の著名な目利きがセレクトした本道の旬の食材や、珍しくて貴重な食材を使った料理を幅広く提供している。
店内は書家やガラス工芸家のコラボで作られた究極の美食空間。個室などさまざまな席で食事が楽しめ、掘りごたつの個室は大人気。
都会の隠れ家的な趣を醸し出している。「一度は行きたい店」と、女性客の人気も上昇中。

料理は地産地消にこだわっている。年間500頭しか生産されない最高級の「士別サフォークラム」を使用したメニューが、11月から新登場。
ジンギスカンステーキ仕立て(2580円)は道内産の野菜と一緒に味わう。もも肉炭焼きたたき(880円)は表面を備長炭であぶり、しょうゆベースのたれにきざみワザビをつけて食べる一品。
ラムロース肉知床羅臼の塩を添えて(1580円)は、知床の天然岩塩をつけてあっさりといただく。

続き
http://mainichi.jp/hokkaido/friend/news/20091103ddlk01070277000c.html


外食  |  コメント(0)  | 
 | HOME |  NEXT

ヘッドライン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。